エデュパーク受講生のみなさまへ(新型コロナウィルスによる対応) 4/17更新

2020/04/17(金)
先日(4/14)エデュパークの授業に関する基本方針をお知らせしましたが、政府の『緊急事態宣言』が全都道府県に出されたこともあり、改めて対応をお知らせいたします。
4月の授業に関してですが、事前にお伝えしていた通り、実施を継続させていただきます。これまでもお伝えしてきましたように少人数予約制で、通学頻度や滞在時間が少ないこともあり、施設内で可能な限りの対策を講じて実施を継続します。
前回メールでご協力いただいた「生徒間の距離の確保」に関しての対応は以下の内容で整いましたのでお伝えします。
生徒数の多いクラスは2教室に分割または教室拡張、座席の距離を離す、人数の少ないクラスへの振替移動協力。
授業中は換気を常に行うこと、教室の出入りの際に必ず消毒を行うこと、常にマスクを着用することはさらに徹底しております。また、生徒同士が向かい合って活動する時間を最小限にとどめて対応しております。
エデュパークとしては実体験で学ぶことを柱にしており、子供たち自身から芽生えた知的好奇心を消すことのないよう、その機会をご提供し続けることに力を注いでおります。
次々に変わっていく情報への対策を、日々検討し即時に取り組んでいくことと、みなさまの予防へのご協力によって実施をさせていただいております。
現時点では学校休校および緊急事態宣言がいずれも5月6日までということではありますが、事態は今後どのようになっていくか見通しにくくなっております。
そのため、5月に関しては受講することに加えてWEBを活用して、現コンテンツに近いものや新たな学びの提供ができないかと急ピッチで考案し試行し検証を行っています。
みなさまにお伝えできる形が整った段階でお知らせする予定です。
G.W.休講(4月29日から5月6日)の間も状況を見ながら判断し、情報をお伝えする可能性がありますのでメールの確認に気を配っていただければと思います。
何卒ご理解ご協力のほど宜しくお願いいたします。